MEET SPAAC第1期生決定!キックオフミーティングレポート

2017.6.12

スタートアップとリクルートの新規ビジネス共創プログラムMEET SPAAC、2月のプロジェクトキックオフから約4ヶ月、ミートアップ(お見合い・マッチング)イベント、書類審査、一次審査会を経て、ついに記念すべき第1期生が誕生し、6月にキックオフミーティングが行われました。

おめでとうございます!と言いたいところですが、実はここからが本当のスタートになります。

キックオフミーティングでは、この後1期生の皆さんが過ごす約6ヶ月間の、ビジネスモデル実証実験期間の過ごし方、ビジネス化最終関門の事業化審査会に向けての心構えについてなどのインプットが行われました。

事業化審査会を通過し、スタートアップとリクルートの新しい共創ビジネスとしてスタートを切るためには、これからの約6ヶ月間で本当にそのアイデアが事業として成立するか(お金を払う人がいるのか)を実証し、審査員達にビジネスが大きくスケールしてゆく可能性を確信させなくてはなりません。

スタートアップの独自性と瞬発力、リクルートのビジネスアセットとスケールノウハウ、両者が協業するからこそ実現可能な、誰も見たことのないビックビジネスが誕生する期待に満ちた幕切れとなりました。

1期生としてスタートを切った4組の皆さん、ぜひ頑張ってください!
1期生の皆さんの活動状況はこのTECH LAB PAAKのWEBで随時レポートしてゆくので、今後ともご注目下さい!