採用してからが大切。いかに多様な人材の力を引き出すかがますます求められる時代に。──『HR Brain』堀浩輝さんインタビュー

堀浩輝さん
株式会社モスキートーン

サイバーエージェントでモノ作りの現場を体験

まず、堀浩輝さんの経歴を教えていただけますか?

サイバーエージェントに2011年度に新卒で入社し、Amebaのメディア部門で事業部長をやっていました。そこでは、『アメブロ』を担当したりプラットフォーム全般を担当したり、いろいろなサービスの起ち上げや運用を行っていました。当然たくさん失敗もしてきましたが、どこにも答えがない中でビジョンを掲げ、メンバーを1つにまとめながら戦略・戦術を考え抜いてプロダクトに落とし込んでいくというようなことを数多く経験させてもらいました。

エクセルベースの目標・評価管理をクラウド化することで大幅に作業効率をアップ

ご自身のプロダクトについて教えていただけますか?

HR Brain』は、社員の人事評価プロセスや目標管理の運用までをクラウドで一元化し、蓄積されていくデータを元に効果的な人事戦略を可能にするタレントマネジメントサービスです。

2016年11月の中旬からクローズドβが公開という形になります(インタビュー時は11月初旬)。ここ数日は毎日のようにお客様の会社へ伺っていますが、すでに20社ほどにご利用いただくことが決まっていて、初速は好調です。

従業員の人数が30名〜50以上になってきて、Excelやスプレットシートで評価管理をすると、現場のマネジメントや人事担当者は無駄な「作業」に時間が取られてしまいます。HR Brainには、社員の人事評価プロセスや目標管理の運用までの作業負荷を大きく削減するための、かゆいところに手が届く機能が揃っています。

蓄積されていくデータは、独自のアルゴリズムによって解析することが可能です。現場とマネジメントレイヤーとの間にある「情報の非対称性」をあぶり出していくことによって、ミクロ・マクロで組織や個々人のコンディションを掴むことができ、より戦略的な意思決定をアシストしていきます。

当然、従業員の目標を管理・評価している会社は日本中にあります。ユーザーヒアリングを進めていくと、そのほとんどがエクセルでの管理で、中には紙で行っている会社もありました。この分野がクラウド化されていくことは明白で、価値を明確にし一点集中していくことでとにかく1番良いものを提供できると思っています。

プロダクトの最大の特徴を教えていただけますか?

既に日本中の企業で行われている目標や評価管理プロセスにおける面倒だった作業をクラウドで柔軟に効率化していくことができるサービスなので、導入のハードルが低く、運用のイメージが湧きやすいことがひとつのポイントです。また、組織や社員一人ひとりのアナリティクスとしても活用することが出来ることが大きなポイントです。

プロダクトはいくつかの種類が用意されているのですか?

将来的に『HR Brain』はブランドネームとなっていく構想で、まず最初にリリースしたプロダクトが目標・評価管理のためのクラウドサービスとなります。今後、周辺領域のサービスもスピード感をもって出していきます。

PH02

環境面のサポートと賞を頂けたことでチャンスが広がった

TECH LAB PAAKはどのような場所だと思いますか?

こんなに良い場所があっていいのか? という感じで、使わない手はなかったですね(笑)。2016年4月から、こちらにお世話になっていました。家賃がかからないので、創業したての頃は非常に助かりました。また、拠点があるという安心感もありました。

OPEN PAAK DAY#5』という会員卒業成果発表会ではTechCrunch Japan賞を頂きました。その翌日に投資家の方からご連絡をたくさん頂くようになったり、お問い合わせも増えて実際に販売にも繋がりました。賞を頂いたことで、このようなチャンスが広がり、ありがたかったです。

『HR Brain』でビジネスがうまくいったと思ってもらえる会社を増やしていきたい

今後どのようなイノベーションを起こしていきたいですか?

日本のHRテクノロジー領域はまだまだ遅れていると言われていますが、それはその分伸びしろが大きいということです。HRといっても多岐に渡りますが、私たちは採用してからの領域が最も本質的に重要だと考えています。栓の抜かれたバスタブにいくら流行りの高級水素水を流し込んでもすぐに抜けていくように、いかにして多様な人材の力を引き出すか? という部分の整備がこれからますます求められていく時代になっていきます。そのときのファーストチョイスに『HR Brain』がある。そして『HR Brain』があったから、ビジネスがうまくいったと多くの会社に思ってもらえるよう頑張っていきたいです。

人事や経営者の意思決定の幅や精度を高めるツールに

このプロダクトに興味を持っているエンドユーザーへメッセージはございますか?

HR Brainは、2017年の年始に本公開をしていく予定で、その後も日に日に進化していきます。どうぞ、よろしくお願いいたします。

お問い合わせ:contact@mosquitone.co.jp

他の記事も読む