hardware_member

ENTRY

PAAKは、厳正なる審査のうえ、会員を選定致します。合格者にメール及び電話にて発表するものとします。なお、審査は、PAAK指定の審査員により行うものとし、審査の結果、会員権利付与が発生しない場合があることを、応募者は認めるものとします。 また、本会員審査会の結果に対するいかなる問い合わせにもPAAKは応じる義務はないものとします。

HardwareMember

Brighten the World with Hardware.

ハードウェアで、社会の問題解決を目指し、世界にはばたくスタートアップを応援していきます。

応募資格

HardwareMemberとして特に支援していきたい方

  • 自身のハードウェアプロダクトを、一気にスケールさせていきたい個人またはチーム
  • 場を通じたオープンイノベーションにより独自の技術やビジネスモデルの可能性をさらに拡げたい個人またはチーム
  • ハードウェアプロダクトをつくるITスキルを有し、この場を通じてよりスキルを深めたり、情報共有したい個人またはチーム

※HardwareMemberへのご応募は個人または5名以下のチームによるものになります。
※応募は高校生以上で可能となります。

PAAKが提供するもの

  • 6ヶ月間のMember期間中の開発環境使用権(HardwareMember6階)
  • Wi-Fi、ミーティングスペース、ドリンク・スナック、最新の専門技術書
  • スキルアップ、ネットワーキングのための各種イベント・勉強会・交流会
    1. 『BRAIN PORTAL』による包括的なアドバイス
    2. 会員期間中にクラウドファンディングの実施・成功を目指してサポート
    3. 以下、ハードウェア専門メンターによるアドバイス
      • Hardware ClubHardware lead & General Partner Jerry Yang氏
      • HwtrekCEO Lucas Wan氏
      • Makers Boot CampCEO 藤原 健真氏
      • 500 Startups Japan Managing Partner 澤山 陽平 氏
  • ベンチャーキャピタリストへのDemoDay開催
    • TomyK. Ltd CEO 鎌田 富久氏
    • 500 Startups Japan Managing Partner 澤山 陽平 氏

プログラム(予定)

  • 世界のハードウェアメンターによる各種資金調達、事業計画、製造、販路開拓に関するアドバイザリープログラム
  • VCとミートアップできるDEMO DAY、その他懇親会など

審査フロー

  • STEP1

    審査会への応募

  • STEP2

    書類選考

  • STEP3

    面接

  • STEP4

    HardwareMember権取得

審査方針について

PAAKでは、設立のコンセプトに従い、下記3点を重視いたします。審査員による厳正なる審査によりHardwareMemberを選定させて頂きます。具体的な審査基準については、非公表となりますこと、予めご了承ください。

  • 本気でテクノロジーを通じて世の中をよりよくしたいと考えているか
  • イノベーションを生み出すスキルを有しているか
  • PAAK内でのコミュニティ活動に前向きであるか

審査会について

PAAKの面接では下記を中心に30分程度の面接を実施予定です。
なお、各期に行われるキックオフ・成果発表会・DEMO DAYは必須となり、不参加の場合はMember権はお渡しできません。

  • 自己紹介
  • 普段力を入れて取り組まれていることについて
  • HardwareMemberのプログラムを通じて実現したいことについて

※通過案件は選考委員による厳正なる審査により応募者の中からPAAK会員を選定させて頂きます。
 具体的な審査基準については、非公表となりますので予めご了承くださいませ。

皆様の本気のチャレンジをお待ちしております。

皆様の本気のチャレンジをお待ちしております。

応募は締め切りました