【実施報告】8/4 Silicon Valley Workshop キックオフ!「テクノロジーで世界をより良くする」ための10日間がいよいよ始まります!

2016.8.19

160804_1

若い技術者達に「世界を見て欲しい」という思いで企画されるTECH LAB PAAK主催の “Silicon Valley Workshop 2016 summer”が、いよいよ始まります!今年3月に続き2回目の開催となるこのWorkshopは、最先端のテクノロジーとビジネスが融合するシリコンバレーで実施される10日間のプログラムです。出発まで1ヶ月を切った8月4日、参加者9名とリクルートホールディングスの技術(エンジニア)メンター・運営スタッフ揃ってのキックオフが開催されました!

参加者同士は本日が初対面。緊張感と期待感の交錯する雰囲気の中、TECH LAB PAAKコミュニティマネージャーの岩本が開幕を宣言!

160804_2

テクノロジーで世界をより良くするとは」というテーマのもと、技術×ビジネスで世界を変えられる可能性を体感し、イノベーションのきっかけを志高い仲間とともに獲得してほしいと、ワークショップへの熱い意気込みを語りました。

そのために知見を広め、プロセスを知るために、今回も様々なプログラムが企画されています。スタンフォード大学での講義聴講や、Bunny Inc.やStripeといった現地のスタートアップ企業への訪問、Googleなどの第一線で活躍するエンジニアとの交流など、まさに「世界の最先端ビジネスを体感できる」スケジュールに参加者の目も一層熱くなってきます!

このワークショップでは、選びぬかれた参加者達がそれぞれ、最終的なアウトプットとして「世界をよりよくするために、自分だったらどうするのか?」をプレゼンテーションとして発表することになります。10日間という短い滞在期間で彼らはどんな学びを得ることが出来るのか、今から楽しみですね!

160804_3

同行する技術メンターやスタッフの紹介も終え、ここで一旦休憩。続いて参加者の自己紹介タイムとなりますが、ここからはシリコンバレー方式でまず乾杯! 緊張がほどけ、おいしいご飯とビール片手に、すでに西海岸にいるかのようなリラックスした雰囲気で自己紹介が始まりました。

160804_4

intro_w980

160804_5

自身で立ち上げたWEBサービスや、大学での研究テーマなどを持ちつつ、ダンスや音楽などライフスタイルも個性あふれる参加者たちが今回も揃いました!メンター達も彼らの溢れる才能に興味津々の様子です。果てなき可能性を秘めた彼らが、シリコンバレーでどう一回り大きく成長するのか?現地でのレポートなども今後お伝えしていきますので、熱いシリコンバレーの10日間に是非ご期待ください!

160804_6